alulunteの日記

ウィズハだいすきブログ(悠久もそのうち…いつか…)

ウィザーズハーモニー2は黒歴史?

ウィザーズハーモニー2とはなんだったのか

f:id:alulunte:20210108231741p:plain

実は私はウィザーズハーモニーは2から入ったので(悠久も2ndから入った)

ウィズハ1を好きな人が、2に感じたであろうガッカリ感…

それをちゃんと味わえてないんですよね。

 

何故2を買ったかというと

なにかの裏技本で主人公が女体化するゲーム(ウィズハR)があると知る

→探して買う…がRではなく2だった(間違えた)

バカな始まり方でしたが

そこからmoo系ゲーム沼にズブズブ入り込んで

今もこんなブログを書いてるわけです。

 

で、ウィズハ2をプレイしたんですが

その当時の気持ちで評価をつけるなら『普通』でした。

ゲームとしては特別出来が良いってわけじゃないけど

雰囲気がいい!(これは悠久やエタメロにも共通するところ)

剣と魔法の世界の学園もの!

男性キャラも育成、攻略できる!

こういうところが好きでハマりましたね~。

ただ同人も探してみたけどほとんど見つからず

当時のゲーム雑誌を探してみても(電プレやG's)扱いは小さかったので

まあそんなもんかな…と思っていました。

 

そして数年後1をプレイ。

1は知っていたけど、なんとなく手を出してなかったのです。

(1は発売当時Do-Nutsというヲタ雑誌で特集されていた)

でも実際遊んでみると…『キャラ立ってるし独特の味があるな!?

いやめちゃくちゃ荒削りだし、声もヤバいしADV部分も理不尽ですよ。

体裁が整ってるのは2の方です(2も理不尽ではある)。

でも、これは確かに、人気が出たのもわかる気がしました。

 

そうして1にもハマり、当時の同人や資料を探し集めるのですが…

そこで1と2の間に溝があるのを知るのです。

 

会社間の事については何も言えませんが

1を好きな人が2に不満を持つのはよくわかります。

1からみたら2は単なる焼き直しですしねえ。

私も先に1をやっていたらガッカリしてたと思います。

 

アークシステムワークスの記念本インタビューを読むと

ウィザーズハーモニー2開発当時は本当に厳しい状況だったと。

(初代スタッフはスタマリに行ってますし)

社内スタッフが10〜20人。

おそらく主要なスタッフはギルティギアの方に着手していて

ウィズハ2の開発は…人材があまりいなかったのかもしれません。

 

シンフォニーでも2の事は全く触れられてないようだし

ウィズハは1が至高で、2が黒歴史となるのも仕方ない。

 

 

…とまでは言えませんが。

最初に触れたものはやっぱり思い入れがあるもので

私は2も好きなんですよ。

 

確かに1は局地的な面白味はあるけれど

1と2でそこまで差があるか?というとそうでもない。

1はだいぶファン間で補完・美化された部分が多いんじゃないかと。

これもmoo系に共通するところではあるけれど…

(当時のウィズハ1同人では、

『ゲームはクソなのでやらなくていい。同人だけでいい』

とまで書かれていました。ひでえ)

そういう、自分たちで育てた世界という思い入れがあるからこそ

ほとんど進歩のない2にはガッカリしたのでしょう…。

 

 

まとめます。

1はプレステ初期に出た荒削りだが光るものがあるゲーム。

2はプレステ中期のまあまあ普通のキャラゲー

Rはプレステ後期の売り時もターゲッティングも何もかも見失ってるゲーム。(Rも好きです)

言うなればこんな感じです。